カテゴリー「中原中也」の2件の投稿

2007年3月24日 (土)

島崎藤村「蝙蝠の話」

朗読:岡崎ちか子  

あらすじ:蝙蝠がねずみのところへ遊びにいきました・・・蝙蝠がすずめのところへ遊びにいきました。蝙蝠はあっちへ行けば獣のような顔をし、こっちへくれば鳥のような顔をしました。そのために、鼠からも仲間はずれにされ、すずめからも仲間はずれにされてしまいました。

中原中也「汚れちまった悲しみに」 朗読:岡崎ちか子  音楽:秋山桃花

chika/春めいてまいりました。風や空、そして花が生き生きとしてきました。獣も鳥も気持ちの良い季節にはご機嫌になるものです。今、同じ地球に生きているのですから楽しく仲良くやりましょうや♪

今回は2作品同時にアップしました、二つ目は再び、即興ミュージシャン”秋山桃花”さんとのコラボレーションです。彼女がレッスンしているスタジオに押しかけて、即興で音楽をつけてもらったものです。詩と音楽のパワーにまけないように読んでみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

夏目漱石「夢十夜・第一話」朗読:岡崎ちか子

朗読:岡崎ちか子  音楽:秋山桃花

chika/今回は、即興ミュージシャン”秋山桃花”さんとのコラボレーションです。中原中也の詩に音楽をつけてほしいと彼女がレッスンしているスタジオに押しかけて、わたしもほぼ初見で読みました。何度も黙読している詩や作品も実際に声を出してよんでみるとずいぶん世界観が変わるものです。 ももちゃんありがとう!素敵なコラボレーションでした。 「夢十夜」の方は、そのときの演奏をお土産にいただいて、この作品に合わせてみました。 彼女の即興演奏はサイトの方で楽しめます。そして、おおばせいこライブ「千夜一夜」これもぜひ見て聞いてください。ちか子は朗読指導でお手伝いしております。

夏目漱石「夢十夜・第一話」

あらすじ:こんな夢をみた。腕組みをして枕元に座っていると、仰向きに寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。・・・ 大きな真珠貝で穴を掘り星のかけらを墓標に置き、自分は100年まつことになるのだが。。。

中原中也[生い立ちの歌」

※個人でお楽しみ下さいませ(作品の著作権は放棄してません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)