« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月16日 (月)

宮澤賢治「龍と詩人」朗読:岡崎ちか子

朗読:岡崎ちか子  音楽:秋山桃花

chika/宮澤賢治の幻想ワールドが楽しめる作品のひとつが「龍と詩人」ですね。ちかは龍の登場するお話が大好きです。幾千由旬の海を自由に泳ぎ、その清い空を自由にかけれる龍が、洞に閉じ込められ何を感じ何を考えたのか・・・もしちかがその洞の近くにいて龍の詩を知らず知らず聞いていたら、何を感じ考えたか・・・いつのまにかちかは朝日がきらきらさした青くすこしおぼろな水の中でゆっくりと泳いでいる・・・ときどきふとひらめくことはもしかしたら龍が耳もとでささやいた詩なのかもしれない。などとぼんやり考えてみたりするのです。

2007年5月31日(木)15:00/19:30
6月1日(金)15:00/19:30
童話のせかいへ・・・ ゆめかうつつのものがたり
~4人の女優による朗読~
演出&出演いたします。音楽は秋山桃花さん!!
料金:1ドリンク付き 3800円 (自由席)
場所:アコースティックライブハウス御茶ノ水KAKADO
問い合わせ:03-3307-7720(IZUMI座)まで。
または info@chikakos.com 

IZUMI座プロデュース http://members3.jcom.home.ne.jp/izumiza/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

夏目漱石「夢十夜・第六夜」朗読:岡崎ちか子

朗読:岡崎ちか子  

あらすじ:運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいるという評判だから、散歩ながら行って見ると、自分より先にもう大勢集まって、しきりに下馬評をやっていた。

chika/運慶の彫刻は、平成の今見ても今にも動き出しそうな魂を感じる。木の中に仁王が埋まっていてそれを掘り出すだけ・・・確かに、芸術家というのはとても人間業とは思えない作品をその手で掘り出す。いや、創り出す・・・この作品を書いている夏目漱石さん自身も数ある文字の中から文章を掘り出すように創作していたのだろう。

お知らせ★


2007年5月31日(木)15:00/19:30
6月1日(金)15:00/19:30
童話のせかいへ・・・ ゆめかうつつのものがたり
~4人の女優による朗読~
演出&出演いたします。
料金:1ドリンク付き 3800円 (自由席)
場所:アコースティックライブハウス御茶ノ水KAKADO
問い合わせ:03-3307-7720(IZUMI座)まで。
または info@chikakos.com 

夏目漱石の本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »