« 夏目漱石「夢十夜・第一話」朗読:岡崎ちか子 | トップページ | 竹久夢二「朝」朗読:岡崎ちか子 »

2007年3月 1日 (木)

新美南吉「去年の木」朗読:岡崎ちか子

朗読:岡崎ちか子  

あらすじ:いっぽんの木と、いちわの小鳥とはたいへん仲良しでした。けれど寒い冬がちかづいてきたので、小鳥は木からわかれてゆかねばなりませんでした・・・また、来年会いましょうと約束を交わし、小鳥は南の方へとんでゆきました。。。

chika/3月になりました、季節の移り変わりの中で少しずつ変化していくので気づいていなかったのですが、いつのまにか、ひろばはなくなり、大きな木がなくなり、子供の頃遊んだ秘密の場所は住宅が立ち並び・・・それでも小鳥の鳴声が聞こえてきますと、ちょっと安心したりもするものです。

※個人でお楽しみ下さいませ(作品の著作権は放棄してません)

|

« 夏目漱石「夢十夜・第一話」朗読:岡崎ちか子 | トップページ | 竹久夢二「朝」朗読:岡崎ちか子 »

新美南吉」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192370/14063545

この記事へのトラックバック一覧です: 新美南吉「去年の木」朗読:岡崎ちか子:

» はじめてのおつかい [はじめてのおつかいweb]
はじめてのおつかいの過去映像が無料で視聴できます。(会員登録が必要) 第2日本テレビ  http://www.dai2ntv.jp/マイク子供の声を録音するために、『はじめてのおつかい』では、お守り袋の中に小型のワイヤレスマイクを入れ、子供の首からぶら下げて撮影...... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 06時29分

« 夏目漱石「夢十夜・第一話」朗読:岡崎ちか子 | トップページ | 竹久夢二「朝」朗読:岡崎ちか子 »