« 「桃太郎」 | トップページ | 新美南吉「飴玉」朗読:岡崎ちか子 »

2007年1月24日 (水)

「里の春、山の春」新美南吉

朗読:岡崎ちか子  

あらすじ:野原にはもう春がきていました。桜がさき、小鳥はないておりました。けれども、山にははだ春はきていませんでした。・・・

chika/大寒を過ぎて寒さが一段と増してきました、今年は暖冬といわれてますが、春が待ち遠しい気持ちには変わりありません。寒いのは苦手です、大人になっても子供の頃のように、春へのワクワクする思いは忘れたくありませんね。

|

« 「桃太郎」 | トップページ | 新美南吉「飴玉」朗読:岡崎ちか子 »

新美南吉」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192370/13630181

この記事へのトラックバック一覧です: 「里の春、山の春」新美南吉:

« 「桃太郎」 | トップページ | 新美南吉「飴玉」朗読:岡崎ちか子 »