« 「貧の意地」太宰治/おみみ・み公演稽古場より。 | トップページ | 「桃太郎」 »

2007年1月 9日 (火)

「みかん」芥川龍之介

朗読:岡崎ちか子  

あらすじ:ある曇った冬の日暮れ・・・私は横須賀発昇り二等客車の隅に腰を下ろして、ぼんやり発車の笛を待っていた。・・・

chika/ちか子はよく電車の中で、いろいろな人をいつのまにか観察しています。。。見るからに突っ張った(髪をツンツンに固めて、シルバーのアクセサリーじゃらじゃら)10代後半ぐらいの男の子二人が突然、お年寄りに席を譲ったのを目撃したことがあります、その時は、彼らを無意識のうちに決め付けていたんだなと、心の中でペコリ。ポッと明かりがともったような気持ちになったのを覚えてます。”みかん”を見ると気持ちがあったかくなります。

※2007年お正月の録音です。
個人でお楽しみ下さいませ(音楽・朗読の著作権は放棄してません)

|

« 「貧の意地」太宰治/おみみ・み公演稽古場より。 | トップページ | 「桃太郎」 »

朗読」カテゴリの記事

芥川龍之介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192370/13406760

この記事へのトラックバック一覧です: 「みかん」芥川龍之介:

« 「貧の意地」太宰治/おみみ・み公演稽古場より。 | トップページ | 「桃太郎」 »