« 「よだかの星」その3,4 作:宮澤賢治 | トップページ | 「蜘蛛の糸」その1 作:芥川龍之介 »

2006年11月13日 (月)

「赤いろうそく」作:新美南吉

 

朗読:岡崎ちか子  音楽:荘司洋子

あらすじ:さるが1つの花火をひろって山の動物達にみせました。どんな素敵な花火があがるのでしょう・・・しかしそれは

chika/お気に入りの作品です。おばかさんなサルやかめやいのししや動物達がとってもかわいい!荘司洋子の音楽がそのキャラクターをイメージさせてくれています。

※学校公演に向けて稽古中の録音です。
個人でお楽しみ下さいませ(音楽・朗読の著作権は放棄してません)

|

« 「よだかの星」その3,4 作:宮澤賢治 | トップページ | 「蜘蛛の糸」その1 作:芥川龍之介 »

新美南吉」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192370/12671870

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤いろうそく」作:新美南吉:

» サル [動物辞典]
サルサル目とは、一般的にサル(猿)と呼ばれる動物を含む分類項目。サルは、日本では特に、日本固有種であるニホンザルを指すことが多い。人間(ヒト)もサル目に属する動物種であるが、一般的な用語としては、ヒトは通例、サル(猿)に含められない。---- 原猿亜目 :en:Strepsirrhini|Strep...... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 22時36分

« 「よだかの星」その3,4 作:宮澤賢治 | トップページ | 「蜘蛛の糸」その1 作:芥川龍之介 »